健忘症 サプリ

健忘症対策になるサプリとは?

「人の名前が思い出せない…」「待ち合わせの時間を勘違いしてしまう…」、そんな物忘れが多くなったと感じることはありませんか?多くの原因は加齢によるものだと考えられていますが、最近では20代や30代の「若年性健忘症」に悩まされている方が増えています。実は脳の老化が始まるのは20代。「自分はまだ若いから大丈夫」と考えていた方も、食事やサプリメントで脳に必要な栄養素を取り入れて、若々しい脳を維持する心がけが大切です。

 

メタボ

 

健忘症の予防・改善には青魚に多く含まれる「DHA」や「EPA」といった栄養素が有効だということをご存知でしょうか。DHAとEPAを取り入れることによって脳の血の巡りがよくなり、脳は活発的に動くことができます。魚を毎日食べ続けるのはなかなか難しいことですが、サプリメントなら簡単に摂取することができそうですよね。そこで、健忘症の予防・改善に効果的なサプリを紹介していきますので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

 

)健忘症予防・改善効果のあるサプリ

 

当サイトでは、健忘症の予防や改善に効果のあるサプリをピックアップするときに、高品質のサプリという観点で絞っています。健忘症予防に効果のあるDHAやEPAサプリはちまたに溢れており、ほんとうに効果の得られるサプリを利用しないと時間と金の無駄です。そこで、利用する価値のある高品質な健忘症対策サプリに絞って比較し、紹介していくことにしました。健忘症予防や改善に効果のあるサプリ比較した結果から御覧ください。

 

表02

 

表の結果から、DHAが豊富に含まれている美健知箋が健忘症対策としておすすめです。トータルバランスではきなりも捨てがたいサプリです。

 

美健知箋

美健知箋

 

美健知箋(びけんちせん)は、製薬会社の佐藤製薬から販売されているDHAサプリで、健忘症対策にも利用されているサプリです。DHAがほかのサプリに比べて大容量なので、健忘症対策としてより効果をあげやすく、好評の一因となっています。

  • DHAが550rで健忘症対策サプリの中でトップクラス
  • EPAも200rと水準並み
  • 佐藤製薬独自のカプセル技術
  • 抗酸化、吸収性に優れる
  • 1日あたり166円の負担
  • 定期初回購入が84%引きで1,000円
価格 初回1,000円、定期4,980円
評価 さかな暮らしの星
備考 佐藤製薬製造の高品質・高配合

 

美健知箋の総評

 

美健知箋はDHAがほかの健忘症対策サプリに比べて圧倒的に大容量なので、効果を実感しやすいサプリです。DHAは脳の記憶を司る海馬に選ばれる栄養素なので、DHA量をしっかり摂取することで記憶力や判断力が向上します。結果的に健忘症の予防や改善にも大きく寄与するのです。DHA550rはほかのサプリではなかなか実現できない水準です。しかもEPAも200r配合されており、厚労省が推奨するオメガ3脂肪酸の1日の摂取基準1,000rの75%を美健知箋だけでカバーできるのは大きな魅力でしょう。

 

美健知箋02

 

DHAは酸化しやすくすぐに劣化してしまうのがデメリットですが、美健知箋は佐藤製薬独自のカプセルで抗酸化対策と吸収率向上対策を両立させています。シームレスカプセルと呼ばれる小さなカプセルに抗酸化力のあるビタミンEとDHA、EPAを一緒に閉じ込めることで、酸化から成分を守ります。また、カプセル自体が溶けやすく、体内で成分が吸収されやすい設計になっており、効果が出やすいので健忘症対策に利用するユーザーも増えています。

 

美健知箋は定期購入で1ヶ月分で4,980円。1日あたり166円の計算になります。製薬会社が手がけた高品質の健忘症対策サプリならドリンク1本文と変わらない値段なのでお得感があるかもしれません。しかも、定期初回は84%OFFの1,000円。定期購入は初月でも解約可能なので気軽に申し込むことができます。公式サイトで購入しないと割引にならないので気をつけましょう。

 

ボタン

 

きなり

きなり

 

きなりは2015年にモンドセレクション金賞を受賞している安全で信頼できるサプリメントです。厚生労働省によるDHA・EPAの1日の摂取目安量は1000mgのうち、きなりはたった4粒でその半分の500mgのを補うことができるので、十分に高配合な健忘症対策サプリといえるでしょう。

  • DHA450r、EPA50r
  • ナットウキナーゼ配合
  • DPA配合
  • 抗酸化、高吸収対策
  • 魚の生臭さゼロ
  • 1日あたり126円
  • 全額返金保証付き
  • マルハニチロと共同開発
  • 国産カツオ100%使用
  • GMP認定工場で生産
価格 初回1,980円
評価 きなりの星
備考 人気ナンバーワン。総合評価は1位

 

きなりには水準以上のDHAが含まれているので健忘症対策に効果的なサプリです。DHA料だけならほかにも魅力的な健忘症対策サプリはありますが、きなりの場合は補助成分が充実していることが大きな差別化ポイントになっています。特にDPA(ドコサペンタエン酸)とナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果が高いので、血流を改善させ、脳の活性化にもつながるので健忘症対策としての効果はDHAの配合量以上に実感できるサプリに仕上がっています。

 

きなり02

 

きなりは、かゆいところにも手が届いているサプリとして好評です。特にDHAを含む健忘症対策サプリにありがちなわずかな魚の臭いもオレンジのフレーバーで除去してあります。魚が苦手な人や魚嫌いのお子さんでも飲みやすく、続けやすい理由の一つになっています。

 

きなりに含まれるDHA、EPA500mgはマグロのお刺身で例えると約5人分に値します。お刺身を毎日5人分買うとなると大変な金額になりますが、きなりは摂取目安の4粒で計算すると1日あたりの金額は126円。また、公式サイトで定期便購入すると初回は1日あたり66円で済むのでとても節約になります。1日66円〜126円で健忘症の予防や改善に繋がる栄養素が摂取できるならとても安いですよね。

 

ボタン

 

DHA&EPAオメガプラス

みやび

 

DHA&EPAオメガプラスは健忘症対策サプリの中でも圧倒的な値段の安さが魅力です。1日あたりの料金換算で55円なので、財布に優しい健忘症対策サプリとして愛用者が多いです。

  • 定期購入で1袋1,666円
  • 1日55円
  • αリノレン酸を配合
  • 抗酸化対策、吸収率対策も
  • スクワレン、オリーブスクワラン配合
価格 初回1,666円
評価 みやびの星
備考 アルファリノレン酸配合でEPA最多

 

DHA&EPAオメガプラスはDHA・EPAとともに「亜麻仁油」が配合されているのも特徴的です。亜麻仁油には「アルファリノレン酸」が豊富に含まれており、これはDHA・EPAと同じオメガ3脂肪酸のひとつです。アルファリノレン酸は体内でDHAとEPAに変換されるので、328rで物足りないオメガ3脂肪酸を補ってくれます。また、アルファリノレン酸は認知症をはじめ、ダイエットや美肌効果もある栄養素として注目されています。

 

健忘症予防効果と一緒に美容効果も期待できますので、女性の方にとっっては特に嬉しいサプリメントです。また、1日の摂取目安量は4〜6粒とされており、6粒飲むと492mgのDHA・EPAを摂取することができるので、「きなり」とほぼ同じ配合量となります。ただし、1袋が20日分になってしまうので、6粒の場合30日換算でだいたい2,400円程度の出費になることは忘れずに。それでも十分に安くコスパの良い健忘症対策サプリと言えますが。

 

ボタン

 

ルックルック

ルックルック

 

ルックルックは独自の技術を使って健忘症対策になるDHAを抽出しているサプリです。また、原材料も高級マグロにこだわっている点もクオリティ重視のユーザーから好評です。

  • DHA・EPA387r
  • 原材料は国産高級マグロの頭部
  • リキャップス処理で高吸収対策
  • ハイブリッド抽出で抗酸化対策
価格 ずっと2,160円
評価 ルックルックの星
備考 製法や品質にこだわり。クオリティ重視の人向け

 

ルックルックの総評

 

ルックルックのDHA・EPAの配合量は387mgと、「きなり」や「DHA&EPAオメガプラス」と比べると少ないですが、「サプリは品質にこだわりたい」という方にはとてもおすすめの健忘症対策サプリです。DHA・EPAの配合には静岡県で水揚げされた最高級のマグロの頭のみが使われており、頭以外の部分は老舗料亭などでお刺身として使われるほど新鮮で貴重なものです。

 

また、その高級マグロから抽出したDHA・EPAは「リキャップス」という特別なカプセルを使って鮮度を保ち、体内に吸収されやすく作られています。
国産・無添加の良質な油で健忘症を改善したい方におすすめの健忘症対策サプリに仕上がっています。

 

ボタン

 

プラズマローゲンも効く?

最近は健忘症などに効くサプリとしてプラズマローゲンという成分を含んだサプリも話題になっています。

 

プラズマローゲンとはリン脂質の一種で、最近の研究で健忘症の予防や改善にも効果がある成分として注目されています。プラズマローゲンを摂取することで、血中でのプラズマローゲン濃度が高まり、頭がクリアになり、しっかりとした思考や認知を取り戻すのに役立つ効果があることがわかっています。プラズマローゲンサプリとして有名なのが「プラズマローゲンEX」です。

 

プラズマローゲン

 

プラズマローゲンについては、BSテレビの情報番組内でも紹介され話題になりました。健忘症よりも重度な認知症予防にも効果がある成分で、プラズマローゲンEXも一気に知名度が上がり、手に入りにくい状態になるほどでした。

 

プラズマローゲンについて詳しく知りたい方はこちらの公式サイトをチェックしてみてください。利用者のくりこみなどが確認できます。

 

公式サイト

 

健忘症と認知症の違い

 

健忘症と認知症。ごっちゃになっていませんか?

 

健忘症と認知症には明確な違いがあります。健忘症とは年齢を重ねることにより発症する生理的な老化現象の一種で物忘れとも言いかえることができます。単純に脳の機能が老化し、記憶力や認知力、思考力や判断力が低下してしまう状態のことを指します。30代を過ぎると、直前に考えていたことを思い出せず、焦ってしまうという経験はありませんか?人間、30年以上も同じ脳をずっと使っていると、それなりに老化はするもので、機能も落ちるのは当然です。しかし、まだまだ人生は長いです。健忘症の発症をできるだけ遅らせたり、改善させたりするためには意識的に対策を取る必要があります。当サイトで紹介しているサプリはいずれも健忘症の予防や改善にも効果があります。「健忘症かな?」と思ったら、ランキングに掲載されている健忘症サプリを使ってみると良いかもしれません。

 

対して、認知症とは、”忘れてしまったことすらも覚えていない”状態です。つまり、忘れてしまって焦っているうちは、まだまだ症状が浅いのです。認知症ほど重度になると、忘れてしまったことを認識していないので焦ることがありません。

 

認知症の場合、自分が間違えているとは毛頭思っていないので、そのことを指摘されて激怒する場合があります。他人からするとおかしな状況ですが、当の本人は忘れているとは思っていないので、からかわれているように感じるのも無理はありません。認知症になると、健忘症サプリではなかなか改善が難しいのも事実です。

 

健忘症になりやすい人とは?

 

健忘症になりやすい人にはある特徴があるのです。もし、あなたが健忘症になりやすい特徴を備えているなら、自分のライフスタイルを抜本的に変えるか、当サイトの健忘症対策サプリを利用することをおすすめします。

 

一つ目はコミュニケーションを取る機会が少ない人。働き盛りの人たちなら職場や取引先など、公私共に比較的他人とつながる機会が多いですが、それでも健忘症になりやすい人塗装でない人ははっきり分かれます。

 

健忘症になりやすい人は、人とのコミュニケーションを億劫に感じる人は、できるだけ一人の時間を優先します。しかし、自分の思考はパターンをそれほど変えられないので、頭が使う情報伝達の神経もおのずとパターン化されてしまいます。そのため、刺激が少なく、健忘症になりやすいのです。当サイトの健忘症サプリをチェックしておいた方がいいタイプです。

 

二つ目は何事にも興味を持てない人。周囲のことに関心が薄い人です。目を凝らせば世の中は刺激で溢れているのに、あまり興味を感じられず、無味乾燥とした毎日を過ごしがちな人。読書をせず、人の思考方法を自分の頭のなかに取り入れたがらない人。外出することが少なく、外的刺激の少ない、自分の慣れ親しんだ室内に閉じこもりがちな人。このような条件に当てはまる場合は、健忘症サプリの使用も考えてみたほうが良いでしょう。

 

やはり脳に刺激が少ない状態では、健忘症になりやすいのです。「自分に当てはまるな」と感じるあなたは、健忘症サプリを早めに取り入れておいたほうが良いかもしれません。

 

健忘症予防に効果のあるDHA・EPAの効果

 

DHAは「脳の活性化」と「記憶力の向上」に深く関わりのある栄養素です。DHAは脳を構成する約140億個の脳細胞膜に存在しており、その中でも「脳の記憶」や「情報の整理」をする脳器官の【海馬(かいば)】に多く存在しています。

 

この海馬の機能を保つDHAが加齢などにより減少していくと、物忘れが酷くなったり、認知症のリスクを高める要因となってしまいます。加齢とともに減少していくDHAは、新たに作られることはないので、食事やサプリメントなどでDHAを海馬に送り続け、現状を維持していくことが大切です。

 

また、EPAには血流を良くし、血液をサラサラにする効果があります。脳内にも多くの血管がありますが、そこに正しく栄養素が行きわたらなければ脳の働きが鈍り、健忘症が悪化する可能性もでてきます。
EPAを摂取し、血液をサラサラにすることは健忘症の予防・改善に繋がる大切なことだと言えるでしょう。

 

健忘症の実態

健忘症(けんぼうしょう)は簡単に言うと「物忘れ」になりますが、記憶力や思考力が低下していくと酷い場合には仕事や日常生活にも支障をきたすこともあります。健忘症の原因のひとつに加齢とともにおきる「脳の老化」があげられますが、近年では20代〜30代の「若年性健忘症」の方も増えています。

 

パソコンやスマートフォンの普及により便利な世の中になりましたが、ツールに頼り切ってしまい、自分の頭で物事を考えることが減ってきていませんか?脳に刺激がない生活を送っていると、年齢に関係なく脳はおとろえていき、健忘症を引き起こす可能性が高くなるのです。

 

まとめ

 

健忘症の予防・改善に試してみたいサプリはみつかりましたか?最近のサプリは飲みやすく、初心者の方でも安心して続けられるものになっていますので、気になったものからぜひ試してみてください。
これ以上健忘症を悪化させないためにも、早い段階から食事やサプリメントで対策していきましょうね。